脳神経内科

脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの病気を診療しており、頭痛、しびれ、めまい、歩行障害(筋力低下、ふらつき)、物忘れなどの症状に対応しています。とくに認知症の早期発見と先制治療の開発に力を入れています。

対象疾患
若い方に多い片頭痛、高齢者で多い認知症、脳梗塞、てんかん、パーキンソン病などが主な疾患です。その他、ALS、多発性硬化症などの神経難病や、脊椎、筋肉、末梢神経などの病気にも対応しています。

頭痛外来

日本では片頭痛をもっている方が推定800万人、片頭痛発作のために毎日60万人の方が日常生活に支障をきたしているといわれています。頭痛には様々なタイプがありますが、そのうち片頭痛には特効薬が存在します。適切な診断および薬物治療がなされたならば、頭痛症状の緩和がかなり期待できます。さらに2021年から、新たに3種類の片頭痛専用の注射薬剤が使用可能となりました。片頭痛の治療は、新しい時代に入ったといえます。現在、片頭痛の治療は充分に普及しておらず、恩恵を享受できていない患者さんがたくさん存在しています。当クリニックの頭痛専門外来は、名古屋大学の脳神経外科医と脳神経内科医が診察から治療まで一貫して行い、脳神経外科と脳神経内科が相互連携して治療を進めます。頭痛でお困りの方、市販薬などの内服で日々こらえている方、誰にも頭痛のことをわかってもらえずあきらめている方などは、遠慮せず相談しにきてください。
当クリニックの大きな特徴のひとつは、最新式MRIが2台あり、受診当日にMRIを撮影することが可能という点です。頭痛で受診された方は、基本的にMRIを撮影していただき、脳腫瘍や血管奇形などの異常がないかを必ず確認します。また必要に応じて、血液検査、心電図、レントゲン撮影なども行います。
頭痛でお困りの方を治療し、笑顔になっていただけることを使命と思い、医師としての喜びと感じています。一緒に頭痛を治して、よりよい生活を取り戻しましょう。

もの忘れ外来

●最近、もの忘れが多くなって認知症にならないか心配
●家族が認知症で、自分も認知症にならないか心配
●思った事がすぐに言えない
●何をしようとしていたかすぐに忘れてしまう
●頻繁に物をなくしてしまう
●大事な予定を忘れてしまう
など、気になる症状のある方は、気軽にご相談ください。
「もの忘れ外来」は、以上の「もの忘れ」が、老化現象によるものか、病気なのかを診断し、治療する外来です。

診療時間

平日午前/9:30~12:30

日・祝
午前 ---佐竹---
午後 -------
外来診療一覧へ